錠剤と違い、水が必要でないほか、ソフトタイプのように口の中で溶けるのを待つ必要もありません。

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品の中で世界的に最も知名度のあるお薬です。

初めてカマグラを服用する方は、特別な医師の指示がない場合25mg(4分の1)から服用し始めてください。

カマグラをお酒と一緒に服用しても大丈夫?

カマグラをお酒と一緒に飲むことの安全性について

1. カマグラをお酒と一緒に服用しても大丈夫?

カマグラを服用する際、気になることはお酒との相性になります。

お酒は、デートやパートナーとのひと時を楽しむ際にその場の雰囲気をなごませてくれたり、ムードを出すきっかけになったりするので、お酒を必ず飲みたいという方もいらっしゃると思います。

カマグラバイアグラのジェネリック医薬品ですので、お酒を飲む時の注意点もバイアグラのものと同じになります。

バイアグラ系のED治療薬は、お酒との相性が良いお薬ではありません。

ですので、理想的にはお酒を飲まないほうが良いということになります。

しかし、カマグラを服用する時にお酒の量を制限することは大切ですが、少量のお酒なら飲んでも安全です。ワインやビール1杯を飲むくらいなら問題ありません。

2. 飲酒がED(勃起不全)の原因となっている可能性も

カマグラはED(勃起不全)に苦しむ男性にとって、最も効果的な治療薬のうちの一つです。しかし、飲酒がED勃起不全)を患う原因となっている可能性があります

お酒は不安を克服するために役立つかもしれませんが、男性の性機能を損なう可能性もあるのです。

お酒を飲むと、ペニスに残る血液が減少し、勃起を得ることが困難になります。

さらに、お酒とカマグラは相互作用することがあります。

カマグラはお酒と同様に血圧を下げます。

血圧が低くなり過ぎると、めまい、軽度の頭痛、頭痛、さらには心臓の動悸を経験することがあります。これらの副作用が潜在的に危険なだけでなく、より良いセックスを体験することもできません。

研究結果によると、お酒を毎日1〜2杯程度飲んでいた男性は、飲酒していない男性よりも性機能障害になる可能性が高いことが明らかになっています。

お酒の量が多すぎると、前立腺の症状やテストステロンの低下など、EDにつながる特定の症状になるリスクも高まります。

3.まとめ

カマグラを服用する際には、お酒を少量に控える必要があります。

タグで検索: