錠剤と違い、水が必要でないほか、ソフトタイプのように口の中で溶けるのを待つ必要もありません。

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品の中で世界的に最も知名度のあるお薬です。

初めてカマグラを服用する方は、特別な医師の指示がない場合25mg(4分の1)から服用し始めてください。

カマグラの効果持続時間を決める要因とは一体?

カマグラの効果持続時間を決める要因を解説します

1. カマグラの効果持続時間とは?

カマグラは男性のED(勃起不全)を治療するためのお薬です。

バイアグラのジェネリック医薬品として、世界中の男性たちから人気を集めているED治療薬です。

カマグラにはバイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルが含まれています。

一般的に、シルデナフィルの効果があらわれるためにはおよそ30分ほどの時間がかかります。お薬の効果が最大にあらわれる時間帯は服用してから1時間ほどで、2時間ぐらいまで強い効果が持続します

その後は緩やかに効果が減少していき、4〜5時間ほど効果が持続します。

シルデナフィルが体内で働き始めるためには、多くの要因が影響を及ぼします。

服用のタイミング、食事の有無、全体的な健康状態、併用しているお薬、症状の違いなどは、シルデナフィルが体内で効果を示すためにかかる時間と、どれくらい持続するかに影響を及ぼします。

カマグラはお薬を服用するだけでは効果があらわれません。勃起を得るためには性的に興奮していると感じる必要があります。リラックスして心地よさを感じることで、より速く効果が発揮されます。

2. カマグラの効果に影響を与える要因

1)食事のタイミング

カマグラの効果を存分に感じるためには、食事のタイミングに気を使う必要があります。最も効果的な服用のタイミングは空腹時になります。

カマグラなどのシルデナフィルを含むバイアグラ系のED治療薬は、食事の影響を受けやすいお薬です。

高カロリーの食事の後に服用すると、効果がほとんどあらわれなかったりすることもあるので、注意が必要です。

どうしても食事をする必要がある場合は、食事をしてから2時間ほど空けて服用し、油分の少ないあっさりとした食事を腹7分目くらいするようにしてください。食事に含まれる油分が胃や腸の壁についている状態でいると、有効成分が油分に吸収されてしまい、身体に吸収されずに体外へ排出されてしまうことに繋がってしまいます。

食事の前に服用する場合は少なくとも30分前、できれば1時間ほど前に服用し、有効成分が体内に吸収された後に食事をすれば問題ありません。

その場合は、効果時間内に性行為を行うようにしてください。

2)服用する用量

カマグラに含まれるシルデナフィルの用量は、効果持続時間に影響を与えます。

例えば、最少の用量である25mgの用量(4分の1錠)を服用すると、最大の用量である100mgを服用するほど効果が長く続くことはありません。

しかし、それぞれの体質に合った適切な用量を服用することが大切なので、適量よりも多い用量を服用すると安全でない可能性があります。

自らの身体に適した用量を服用するようにしましょう。

3)お酒を飲む

お酒を飲むことで、ペニスへの血流が減ることになります。その結果、カマグラの効果が低下したり、持続時間が短くなります。

4)年齢

普通、人は年齢を重ねるにつれて、代謝が遅くなります。したがって、カマグラの効果持続時間は年齢が高いほど長く続く傾向があります。

一般的に、65歳以上の男性の方がより長い効果持続時間を感じます。

5)お薬の併用

カマグラには併用禁忌薬がありますが、これをチェックせずに併用してしまうと、効果持続時間に影響を与えます。

エリスロマイシン、クラリスロマイシン、シプロフロキサシンなどの抗生物質は、バイアグラと相互作用するので、持続時間に影響を与えます。

カマグラを服用する時には、抗生物質の服用を避けた方が良いでしょう。

6)ED以外の他の病気を患っている場合

カマグラの持続期間や効果は、健康状態一般によって影響を受けます。

糖尿病、多発性硬化症のような神経系の疾患、アテローム性動脈硬化症などの血管系疾患、心臓病などはすべて、カマグラの効果を低下させ、効果が長時間続かない症状です。

また、腎臓の疾患は、お薬の代謝に影響を与えるため、カマグラの効果が長く続く可能性があります。

7)心理的な状態

不安、うつ、ストレスを感じていることは、カマグラがどのように効果を示すかに影響を与えます。セックスの時に緊張したり、不安やストレスを感じている場合、カマグラは完全な効果を示さず、持続時間も長くなることはありません。

タグで検索: