錠剤と違い、水が必要でないほか、ソフトタイプのように口の中で溶けるのを待つ必要もありません。

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品の中で世界的に最も知名度のあるお薬です。

初めてカマグラを服用する方は、特別な医師の指示がない場合25mg(4分の1)から服用し始めてください。

カマグラの適切な服用用量を選ぶコツとは?

カマグラの服用用量を選ぶためのコツ

1. カマグラの基礎知識

カマグラバイアグラのジェネリック医薬品の中で世界的に最も知名度のあるお薬です。カマグラを服用すると、バイアグラと同様の効果を感じることができることはもちろん、バイアグラよりもギンギンに堅くなったと効果を絶賛するレビューが目立ちます。

レビューを読んでいると、カマグラを服用して副作用がでたという方の声も目につきます。このような場合は、大抵自らの身体に合った用量を服用していなかったりすることがよくあります。

そこで、この記事ではカマグラの素晴らしい効果を体験するために、自分の身体に合った適切な用量を選ぶコツをご紹介します!

カマグラの錠剤にはカマグラゴールドとカマグラがありますが、違いは単純にカマグラゴールドはインド国内用に販売されているお薬であり、カマグラは輸出用に販売されているという点にあります。

カマグラにはバイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルが含まれており、その含有量が50mg或いは100mgとして記されてあります。しかし、海外で販売されているカマグラのほとんどは100mgですので、用量を調節するためにはピルカッターなどを利用してカットしてから服用する必要があります。

日本の厚生労働省より正式に認可の降りているシルデナフィルの用量は25mgか50mgになります。バイアグラを初めて服用する際、医療機関にて処方する用量は25mgからになります。

この用量は日本人男性の平均的な体格を考慮して定められた用量になります。

この用量を参考にして、カマグラを服用する際には、ピルカッターなどを利用して4分の1(25mg)か、半分(50mg)して服用することが推奨されています。

このようにカットして服用すると、コストパフォーマンス的にもより高くなることがわかります。

2. 用量の選び方のコツ

コツ1

初めてカマグラを服用する方は、特別な医師の指示がない場合25mg(4分の1)から服用し始めてください。

コツ2

25mg(4分の1)を服用してから身体の反応を確かめ、副作用が起こらずに効果が物足りなかったら、50mg(半分)に増やしてください。

コツ3

25mg(4分の1)で効果が物足りなく、50mg(半分)では効果が強すぎて副作用も出てしまったという方は、錠剤を3分の1(およそ33mg)に切ってから服用してみてください。3分の1の用量が自分の身体にピッタリという方もいらっしゃいます。

コツ4

何度か違う用量を服用してみて、最も自分の身体に合った用量を選ぶようにしましょう。

コツ5

人によっては食後に少し高めの用量を服用するという方もいらっしゃいます。

というのも、有効成分シルデナフィルは食事に含まれている油分に吸収されてしまうので、食後に服用すると、体内に吸収される量が減るためにです。特に、油っこい中華料理や焼き肉、フランス料理や天ぷらなどを食べた後に服用するとほとんど効果を感じることができなかったという声がよく聞かれます。

どうしても食後に服用したいという方は、あっさりとした食事を腹7分目くらいに抑えて食べ、2時間ほど空けてから服用するようにしましょう。

3. 注意点

持病を患っている方は、必ず医師に相談してからカマグラを服用するようにしてください。

4. まとめ

以上のようなコツと注意点をおさえて服用すると、カマグラの素晴らしい効果を安定的に体験することができます。

タグで検索: